神戸市居住支援協議会について

神戸市居住支援協議会設立の目的

神戸市居住支援協議会は「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」(略称:住宅セーフティネット法)に基づき、平成23年12月26日に設立されました。高齢者や障がい者など、住宅の確保に特に配慮を要する方(住宅確保要配慮者)の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進と、市内の空き家住宅の活用を図るため、神戸市・不動産関係団体・居住支援団体等が連携しています。

神戸市内の住宅セーフティネットを築くために必要な関係団体の協力体制の構築をすすめ、構成団体の連携のもとで取り組み方を協議・調整し、居住支援の実施につなげることを目的に活動しています。

神戸市居住支援協議会の取り組み

神戸市居住支援協議会 会則

神戸市居住支援協議会 会員名簿

  • 公益財団法人 神戸国際協力交流センター
  • 社会福祉法人 神戸市社会福祉協議会
  • 神戸市民生委員児童委員協議会
  • 公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団
  • 一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 全日本不動産協会 兵庫県本部
  • 神戸市市長室
  • 神戸市福祉局
  • 神戸市こども家庭局
  • 神戸市建築住宅局
  • 一般財団法人 神戸すまいまちづくり公社
  • 関西大学 名誉教授 松原 一郎
  • 近畿大学 名誉教授 森本 信明
  • 兵庫県弁護士会 弁護士 小林 廣夫